人生に起きる恋愛、結婚、離婚、性と体の問題、育児の問題などを表面的な問題と考えず、人間の奥に潜む心の問題としてとらえ解決

Menu ▼
自分の運勢の本源を知って人生で起こる根本問題を知ろう
恋愛問題は陰(女)と陽(男)の本質を知れば解決解消
結婚問題は結婚の意義と本当の夫婦愛を知れば解決
離婚問題の危機回避は夫を信じることで解決
子どもの癖やしぐさには子育てのヒントが隠されている
子育てや育児問題は子どもの可能性を信じることで解決
女神の前髪をつかんで愛される女性になろう
自分の運勢の本源を知って人生で起こる根本問題を知ろう
恋愛問題は陰(女)と陽(男)の本質を知れば解決解消
結婚問題は結婚の意義と本当の夫婦愛を知れば解決
離婚問題の危機回避は夫を信じることで解決
子育てや育児問題は子どもの可能性を信じることで解決
子どもの癖やしぐさには子育てのヒントが隠されている
女神の前髪をつかんで愛される女性になろう

過保護で溺愛すると社会で役に立たない子どもになる


子どもを過保護にしたり溺愛することを「母慈滅子の弊害を招く」といいますが、このような状態で子どもを育てますと、子どもが社会に出て一人前に仕事ができず、なにごとも人を頼って自立心がなくなり、社会で役に立たない人材になります。



子どもが社会に出てお互いに協調しながらやっていくためには、自立心が必要です。

いつまでも母親に縋っていないと安心できないような状態で育てることは、本当の母親の愛情ではありません。

幼児期から、抱く習慣をつけて、泣くとすぐに抱くような習慣をつけていますと、依存心のみが増大し、利己的で口でいくら偉そうなことを言っても、内面は相当弱く、社会に出て一人で生きていけないような子どもを作り出すことになります。

家庭内だけは、大事に大事に育てますので、内では我がままし放題となって内弁慶で家族の者を困らせます。

外では、自立心がないため、いつも他人に負けては泣きべそをかき、意気地のない子どもとなります。

少なくとも、独立自尊の精神をもって、他人の痛みを知り、他人を愛する心を持たすためには、幼児期には、授乳のとき以外は、いくら泣いてもお乳を上げないことであり、抱きくせをつけない習慣にすることです。

できるだけ自分のことは自分でさせ、親はそっと見守るのが良く、なんでもかんでも手を出さないことです。子どものケンカによく親が出たりしますが、あれなども放っておいて、自分で解決するようにしつけることが大切です。

そして、我慢したり忍耐したりして、どんな困難にもひるまないように教育することが大切です。
そのための第一歩として、親としてやらなければならないのは、溺愛しないことです。

母性愛は、ただ舐めるように可愛がって溺愛する傾向がありますが、これは真の子どもに対する愛ではなく、溺愛ですので、真の愛と溺愛を勘違いしないことが大切です。

真の愛は、適度な厳しさがあるものです。


初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報






採用される履歴書・職務経歴書の書き方
おひとりさまの心構えと老後の対策
うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
介護保険の徹底活用
知って楽しいことばのルーツ
人相による結婚相手の選び方
人の心は見た目で分かる
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
先人が残した古歌・辞世の歌・格言から生き方を
女性のための男の恋愛心理と恋愛指南
男と女の恋愛メールテクニック
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
結婚から新生活までの手続き・費用・段取り

Copyright (C)2015. 恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法 All rights reserved.