人生に起きる恋愛、結婚、離婚、性と体の問題、育児の問題などを表面的な問題と考えず、人間の奥に潜む心の問題としてとらえ解決

Menu ▼
自分の運勢の本源を知って人生で起こる根本問題を知ろう
恋愛問題は陰(女)と陽(男)の本質を知れば解決解消
結婚問題は結婚の意義と本当の夫婦愛を知れば解決
離婚問題の危機回避は夫を信じることで解決
子どもの癖やしぐさには子育てのヒントが隠されている
子育てや育児問題は子どもの可能性を信じることで解決
女神の前髪をつかんで愛される女性になろう
自分の運勢の本源を知って人生で起こる根本問題を知ろう
恋愛問題は陰(女)と陽(男)の本質を知れば解決解消
結婚問題は結婚の意義と本当の夫婦愛を知れば解決
離婚問題の危機回避は夫を信じることで解決
子育てや育児問題は子どもの可能性を信じることで解決
子どもの癖やしぐさには子育てのヒントが隠されている
女神の前髪をつかんで愛される女性になろう

独立期の子どもへの干渉は禁物


自立心・独立心の旺盛な年代には、あまり親がいろいろと干渉しすぎるのはよくありません。かといって、黙って放任してもいけません。



なかなか子どもの扱い方が難しい時期があります。

自由放任にする時は、両親が子どもに対して愛情を失ったのではないかと子どもは不安になり、愛情を外に求めるようになるかもしれません。

あまり干渉すれば、「いつまでも親は私を子ども扱いする」と思って反抗するかもしれません。

いつまでもネコ可愛がりし、一から十まで子どもの機嫌をいるようにしますと、独立自尊の念が乏しくなって、「甘えっ子」になるおそれがあります。

親としては、子どもに独立自主の精神を養わせながら、それとなく導いてやる心がけが大切です。


子どもが独立してから、自分に関係する友達に対する接し方は、子どもが幼年期または少年期に家庭において年上の兄または姉に対して持った感情と同じになります。

たとえば、兄に反抗していた少年は、年上の友達に対しても反抗的になりがちです。

子どもが一人前の大人になってからも、会社や団体にいる年長に対する気持ちは、幼少年期に彼が父に抱いていた感情の継続になります。

父に反抗していた子どもは、会社や団体においても、課長や部長に反抗する気持ちをもっています。

また、良い父を持っていた子どもは、課長や部長、あるいは社長に対しても忠実である傾向があります。


初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報






採用される履歴書・職務経歴書の書き方
おひとりさまの心構えと老後の対策
うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
介護保険の徹底活用
知って楽しいことばのルーツ
人相による結婚相手の選び方
人の心は見た目で分かる
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
先人が残した古歌・辞世の歌・格言から生き方を
女性のための男の恋愛心理と恋愛指南
男と女の恋愛メールテクニック
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
結婚から新生活までの手続き・費用・段取り

Copyright (C)2015. 恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法 All rights reserved.