人生に起きる恋愛、結婚、離婚、性と体の問題、育児の問題などを表面的な問題と考えず、人間の奥に潜む心の問題としてとらえ解決

Menu ▼
自分の運勢の本源を知って人生で起こる根本問題を知ろう
恋愛問題は陰(女)と陽(男)の本質を知れば解決解消
結婚問題は結婚の意義と本当の夫婦愛を知れば解決
離婚問題の危機回避は夫を信じることで解決
子どもの癖やしぐさには子育てのヒントが隠されている
子育てや育児問題は子どもの可能性を信じることで解決
女神の前髪をつかんで愛される女性になろう
自分の運勢の本源を知って人生で起こる根本問題を知ろう
恋愛問題は陰(女)と陽(男)の本質を知れば解決解消
結婚問題は結婚の意義と本当の夫婦愛を知れば解決
離婚問題の危機回避は夫を信じることで解決
子育てや育児問題は子どもの可能性を信じることで解決
子どもの癖やしぐさには子育てのヒントが隠されている
女神の前髪をつかんで愛される女性になろう

子どもの愛情も成長時期に応じて


一般的な日本の育児の育て方は、生まれて間もない幼いころは、泣いたといってはすぐに抱き上げてあやしたり、あるいはお乳やミルクを飲ましたりして可愛がります。



そしてすこし成長して青年期になれば、泣けば「うるさい!」と言って怒り飛ばしたり殴ったりする場合もありますね。

本当は、この教育方針は逆にするのが良いのです。

出産後半年間くらいは、泣いてもわめいても、授乳の時間が来ない限り、お乳を与えないし抱くこともせず、「抱きくせ」をつけないようにすることです。

そして、やや成長するに従って、頬ずりしたり、抱いてあげたり、回数を増やして愛撫してあげるのが良いのです。


こうしますと、抱いたあと、子どもを膝からおろしても、「抱きくせ」がついていないので、泣きわめくこともありません。

このように成長するにしたがって、子どもを直接抱いてやったり、頬ずりする回数を増やしますと、親とのコミュニケーションが頻繁に取れますと、親近感もますます増大して、親と愛情の深い関係の子どもが成長するのです。

子どもを不良にしたり堕落させないのは、なんといっても、親との深い愛情です。

特に、受験勉強が激しくなるなどして、中学生ぐらいから他県の優秀な学校へ留学させたりしますが、とくにそういう子どもさんを持っている親は、頻繁にメール等でコミュニケーションをとるだけでなく、愛情の深い伝言をする必要があります。

子どもは親から愛されていると感じていることが一番うれしいことでありますので、遠くへ行って頑張っている子どもさんには、特に愛情のこもったメールを打ってあげるとか、直接電話するなどすれば、さらに勉強する気持ちもわいてくるでしょう。

初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報






採用される履歴書・職務経歴書の書き方
おひとりさまの心構えと老後の対策
うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
介護保険の徹底活用
知って楽しいことばのルーツ
人相による結婚相手の選び方
人の心は見た目で分かる
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
先人が残した古歌・辞世の歌・格言から生き方を
女性のための男の恋愛心理と恋愛指南
男と女の恋愛メールテクニック
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
結婚から新生活までの手続き・費用・段取り

Copyright (C)2015. 恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法 All rights reserved.