人生に起きる恋愛、結婚、離婚、性と体の問題、育児の問題などを表面的な問題と考えず、人間の奥に潜む心の問題としてとらえ解決

Menu ▼
自分の運勢の本源を知って人生で起こる根本問題を知ろう
恋愛問題は陰(女)と陽(男)の本質を知れば解決解消
結婚問題は結婚の意義と本当の夫婦愛を知れば解決
離婚問題の危機回避は夫を信じることで解決
子どもの癖やしぐさには子育てのヒントが隠されている
子育てや育児問題は子どもの可能性を信じることで解決
女神の前髪をつかんで愛される女性になろう
自分の運勢の本源を知って人生で起こる根本問題を知ろう
恋愛問題は陰(女)と陽(男)の本質を知れば解決解消
結婚問題は結婚の意義と本当の夫婦愛を知れば解決
離婚問題の危機回避は夫を信じることで解決
子育てや育児問題は子どもの可能性を信じることで解決
子どもの癖やしぐさには子育てのヒントが隠されている
女神の前髪をつかんで愛される女性になろう

人生問題の解決は運命の扉を叩くことから始まります


人間は基本的に、何か基準を設けようとする場合、一般的に三つに分けることから始めようとします。

たとえば「上中下」、「強中弱」、「過去・現在・未来」、「前中後」のように三分割します。
あるいは、「天地人」、「星・太陽・月」、「富裕層・中流・貧困層」と、人生にかかわるほとんどは三分割することができます。



そして大切なことは、中国にも、中庸という言葉があるように、「中」を重要視するということです。

すべての運命の波乱というのは、真ん中を行かず、右か左にぶれることから始まります。

性格で言いますと、穏やかな人は、自然に人から助けられますが、性格がかたよって非常に頑固な人は、周囲から嫌われ、困ったときに他人の助けが得られません。

これは自ら人の助力を放棄しているからです。

政治の世界でも、右翼とか左翼とかいわれる集団がありますが、やはり思想的に中庸でなく、一方的にかたよっているからです。

ここで、話しを戻しますが、迷ったときは、左か右か曲がらず、まっすぐ扉を叩く勇気が必要です。たとえ過去は富裕層に属していても、それにこだわらず現在を見つめるべきです。さらに重要なことは、その扉はあまり激しく叩いても、力なく叩いても開かないという点です。



若いうちに一挙に頂点を目指してもむずかしいですし、年をとって体力気力が衰えてから急に動き始めても、運命を引き戻すわけにはいきません。

やはり元気があって体力・気力・知力がそろっているときこそ、それにふさわしい扉を開くことができるのです。
もっとも運命の扉はいくつもあって、一つではありません。

大きな扉を押す力がなかったら、小さな扉を確実に開くことです。

まずは、自分に合った門を叩きましょう。

叩かなければ、運命の扉は開きません。

好きな人がいれば、勇気をふるって告白しましょう。

そして、やりたいことがあったら、迷わずチャレンジしよう。

成功するか失敗するかは分かりませんが、動かなかったら成功のチャンスがゼロであることだけは間違いありません。
「叩けよ、さらば開かれん」というマタイ福音書の一節もあるではないですか。

初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報






採用される履歴書・職務経歴書の書き方
おひとりさまの心構えと老後の対策
うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
介護保険の徹底活用
知って楽しいことばのルーツ
人相による結婚相手の選び方
人の心は見た目で分かる
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
先人が残した古歌・辞世の歌・格言から生き方を
女性のための男の恋愛心理と恋愛指南
男と女の恋愛メールテクニック
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
結婚から新生活までの手続き・費用・段取り

Copyright (C)2015. 恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法 All rights reserved.