人生に起きる恋愛、結婚、離婚、性と体の問題、育児の問題などを表面的な問題と考えず、人間の奥に潜む心の問題としてとらえ解決

Menu ▼
自分の運勢の本源を知って人生で起こる根本問題を知ろう
恋愛問題は陰(女)と陽(男)の本質を知れば解決解消
結婚問題は結婚の意義と本当の夫婦愛を知れば解決
離婚問題の危機回避は夫を信じることで解決
子どもの癖やしぐさには子育てのヒントが隠されている
子育てや育児問題は子どもの可能性を信じることで解決
女神の前髪をつかんで愛される女性になろう
自分の運勢の本源を知って人生で起こる根本問題を知ろう
恋愛問題は陰(女)と陽(男)の本質を知れば解決解消
結婚問題は結婚の意義と本当の夫婦愛を知れば解決
離婚問題の危機回避は夫を信じることで解決
子育てや育児問題は子どもの可能性を信じることで解決
子どもの癖やしぐさには子育てのヒントが隠されている
女神の前髪をつかんで愛される女性になろう

子どもの八つ当たりは、自分を守る働きから起こる


悪いことをした覚えがないのに、親から怒られたという経験はありませんか。おそらく、親は何かすごく嫌なことがあったのでしょう。そのままでは耐えられないため、あなたに八つ当たりしたのです。



気に入らないことがあると、おもちゃや雑誌を投げる子がいます。いわゆる「八つ当たり」というやつです。

粗暴な子になってしまうのではないかと、親は不安かもしれませんが、これは「防衛機制」といって、自分自身の心を守ろうとして起きる行動です。
防衛機制にはいろいろなものがありますが、八つ当たりはそのなかの「置き換え」といわれるものです。

たとえば、友だちや親に対する不満があっても、それを本人にはぶつけることができないため、おもちゃや雑誌に不満をぶつけているのです。

防衛機制は誰にでもある心理ですから、それほど深刻に考える必要はありませんが、投げるのを黙認していると行動がエスカレートしていき、窓ガラスを割ったりしますから、やはり注意やしつけは必要です。

ただし、自分の心を守ろうとしてやったことですから、頭ごなしに否定するのは考えものです。モノを投げるのはいけないことだと諭した後、どのような不満があるかを聞いてあげましょう。

それでもモノに対する八つ当たりが止まらないようなら、読み終わった新聞紙やチラシを与えて、「これを思い切り破ってみなさい」と言ってみてください。

新聞紙を破ってみると、想像以上に大きな音がします。この大きな音が心のなかの不満や怒りを発散させてくれます。新聞やチラシなら、人に迷惑をかけることもありませんし、モノを壊す心配もありません。


気持ちをスッキリさせる方法はほかにもあります。

たとえば、粘土を叩いたり、潰したり、ねじったりちぎったりして気がすむまでこねるのもいいですね。また、安心して包丁を使わせられる子なら、タマネギを思い切り細かく刻んでもらいましょう。

涙とともに不満も発散できるはずです。


初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報






採用される履歴書・職務経歴書の書き方
おひとりさまの心構えと老後の対策
うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
介護保険の徹底活用
知って楽しいことばのルーツ
人相による結婚相手の選び方
人の心は見た目で分かる
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
先人が残した古歌・辞世の歌・格言から生き方を
女性のための男の恋愛心理と恋愛指南
男と女の恋愛メールテクニック
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
結婚から新生活までの手続き・費用・段取り

Copyright (C)2015. 恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法 All rights reserved.