人生に起きる恋愛、結婚、離婚、性と体の問題、育児の問題などを表面的な問題と考えず、人間の奥に潜む心の問題としてとらえ解決

Menu ▼
自分の運勢の本源を知って人生で起こる根本問題を知ろう
恋愛問題は陰(女)と陽(男)の本質を知れば解決解消
結婚問題は結婚の意義と本当の夫婦愛を知れば解決
離婚問題の危機回避は夫を信じることで解決
子どもの癖やしぐさには子育てのヒントが隠されている
子育てや育児問題は子どもの可能性を信じることで解決
女神の前髪をつかんで愛される女性になろう
自分の運勢の本源を知って人生で起こる根本問題を知ろう
恋愛問題は陰(女)と陽(男)の本質を知れば解決解消
結婚問題は結婚の意義と本当の夫婦愛を知れば解決
離婚問題の危機回避は夫を信じることで解決
子育てや育児問題は子どもの可能性を信じることで解決
子どもの癖やしぐさには子育てのヒントが隠されている
女神の前髪をつかんで愛される女性になろう

陰陽論から考察した水(女性)と火(男)の本性


「水は方円の器におさまる」といって、水はどんな形の器にも入って一定の形をとどめませんが、陰陽論で言いますと、女性というのは、「水」の本性をもっています。



その反対に男性は「火」の本性をもっています。

そして「水」と「火」が結合することによって、すべては完成するのです。

一つだけでは完成することはありません。

これを「孤陽生ぜず、孤陰成らず」といい、男性にしても女性にしても、異性に恵まれない人は、ちょうど太陽が燦々と照り輝いていても、潤いのない砂漠のような土地に植えたり、あるいは滋味のある大地であっても、太陽と水が適度になければ、草木はいくら精魂込めて世話をしても、何も育ってくれないという意味です。

それでは「水」の本性とは何かと言いますと、水は絶えることなく流れ変化してとどまることを知らず、そのままでは無情であるということであり、水だけでは形を成しません。すなわち家庭を成さないということです。

それを一定の形にするためには、その流れを止める堤防が必要であり、その堤防の役割をするのが男性ということになります。


また、水(女性)は横に広がっていくもので、形がなく、それを形にするためには縦の線が必要とし、その縦の役割を担っているのが男性で、水をせき止める堤防なども縦に建設することによって、水の流れを止めることができるのです。

これらの役割については、すでに『古事記』の中に、女性の神様である伊邪那美命(いざなみのみこと)と男性の神様である伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が出てきて象徴的に神話が造られています。

「いざなみ」というのは「波」のことであり、水を象徴しています。

女性は結婚するまでは波のように漂って行き先がはっきりしないため、「水」が本質であります。

それに対して「いざなぎ」は男性の神様で「凪」(なぎ)の働きをして、波立っている心を静かにさせる働きがあります。

ですから、古事記の神話が示すように、男性によって女性の波立ち騒ぐ心が落ち着いて、そこに安定した家庭が造られるということになります。


初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報






採用される履歴書・職務経歴書の書き方
おひとりさまの心構えと老後の対策
うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう
定年退職後の年金とゆとりの老後生活
介護保険の徹底活用
知って楽しいことばのルーツ
人相による結婚相手の選び方
人の心は見た目で分かる
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
恋愛学を知るには陰陽の本質を知ろう
先人が残した古歌・辞世の歌・格言から生き方を
女性のための男の恋愛心理と恋愛指南
男と女の恋愛メールテクニック
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
結婚から新生活までの手続き・費用・段取り

Copyright (C)2015. 恋愛、結婚、離婚、育児問題などの根本的解決法 All rights reserved.